世界に一つの横断幕

オーダーメイドがオススメ

どのスポーツにおいても小学校から大学までそれぞれのチームにはチームカラーがあります。チームカラーを出すためにはユニフォームなどがありますが、横断幕もチームカラーを出すための1つの手段です。横断幕は大きく自チームを主張するためのもので、大会などでは自チームの横断幕を壁に掲げています。横断幕には、チームのスローガンや伝統が書いてあります。
チームカラーを出すことはとても大切なことです。そのため、横断幕をせっかく作るならかっこいいものを作りたいですよね。横断幕を作るオススメはオーダーメイドです。自作するチームもありますが、それはそれで味があっていいと思います。しかし、自作はなかなか難しく手作り感が出てしまいます。
横断幕はビシッと決まっているのがかっこいいので、オーダーメイドが1番ベストだと思います。横断幕の素材を決め、デザインは自分たちで決めることができます。作ったデザインをネットなどを通じて提示すれば、あとは業者が作ってくれます。プロが仕上げまでしっかりしてくれるので思い描いていた通りのデザインにしてくれます。横断幕を作る際はオーダーメイドにして、どのチームよりもチームカラーがあり目立つ横断幕にしましょう。

横断幕に使う素材知識

横断幕とは横に長い布にスローガン、主張を書いて道路を横断する形で掲げる横長の幕のことを指します。それに対して垂れ幕は縦に長い布に横断幕と同様に文字を記載し使用する道具と言えます。横断幕と垂れ幕との違いは実は横方向に使用するか、縦方向に使用するかといった使用される方向により呼び名が異なるだけで素材や用途に違いはありません。
ちなみに使用されている素材はスウェード、トロマット、バックサテン、ターポリン、メッシュターポリンなどが一般的です。室内で使用されるモノは布などを使用する場合もありますが、野外で使用するモノはより丈夫な素材が使用されています。また素材により価格が異なりますし、それぞれメリットとデメリットが存在します。
さらに横断幕も垂れ幕もハトメ加工が施されて紐などでとめているので風が吹いてもひらめくことはありません。横断幕の特徴としては看板、塗装が後からのデザイン、文字の変更が簡単には出来ませんが、横断幕なら取りつける作業、取り外す作業も簡単ですし、費用も安価に済みます。だから利用しやすいといった利点があり、店舗で実施されるセールやキャンペーンといったアピールの為に使用されることが多いと言えます。

Post List

Calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

New Posts

カジュアルな横断幕作り

時間をかけずに作る方法 「明日野球観に行くから、今すぐにでも横断幕を作りたい」と思っている方はいませんか?…

View

効果的な使い方を考える

使う場所に合わせて選択 横断幕の素材は用途や予算によって選ぶのが一般的です。ちなみに持ち運びしやすく軽くて…

View

世界に一つの横断幕

オーダーメイドがオススメ どのスポーツにおいても小学校から大学までそれぞれのチームにはチームカラーがありま…

View

お手軽なファンアピール手段

具体的な活用方法 スポーツの応援やイベントの告知などで横断幕を活用する事が多いですが、実際にどのようなメリ…

View