カジュアルな横断幕作り

時間をかけずに作る方法

「明日野球観に行くから、今すぐにでも横断幕を作りたい」と思っている方はいませんか?本来なら、横断幕を作ると、手間がかかるし時間もかかります。しかし、本格的なものでなければ、材料もそれほど用意せずに、短時間で作ることができます。それでは作り方を紹介したいと思います。
まず、大きめの布とアクリル絵の具もしくはカラー油性ペンを用意してください。材料はこれだけです。短時間で完成させるため、ハトメ、ミシン針、ひもなどは準備しなくて結構です。まずは、デザインを下書きしてください。短時間で仕上げたいので、すぐさま実行に移りたいところですが、いきなり布に描いてしまうと失敗した時に困るので、下書きは必ずしてください。下書きを終えたら、アクリル絵の具もしくはカラー油性ペンで布に塗りこみましょう。描き終えたら完成です。とても簡単でしょう。
注意していただきたいのは、ひもをくくりつけてないので、観戦中は手で支えなくてはなりません。必ず落とさないようにしましょう。この横断幕は外野席の最前列で観戦するのに適しています。また、簡単な上に何度でも作ることができるので、野球観戦だけでなく、運動会や文化祭などのイベントで作ってみるのも良いでしょう。

サンプル生地の選び方

何かを宣伝したり、イベントを盛り上げたりしたい場合に役立つアイテムが横断幕です。横断幕は、どのような文章やイラストをプリントするかということももちろん大事ですが、同じくらいにどのような生地を使用するのか、ということが大切になってきます。基本的には屋外に設置するのか、屋内に設置するのかということで選択すべき生地の種類が異なってきます。なぜなら、屋外に設置するタイプの横断幕の場合は雨風に耐えるためにより丈夫で防水加工が施された生地を選ぶことが望ましいからです。
例えば、塩化ビニルを使用した化学繊維の生地を横断幕の素材とすることで、丈夫で長持ちする横断幕を作成することができます。耐久年数が他の生地と比較しても長いため、総合的に考えると、必要となるお金を抑えることができるということもメリットとなります。その他にも屋外に設置する場合は日光にさらされることによって、だんだんと印刷が薄くなってしまうことがあります。色落ちにも強い加工が施されている生地を選択することが長く横断幕を使うポイントなのです。実際に横断幕を注文してしまう前に、サンプルの生地から完成した姿を想定しておくことがとても重要なのです。

Post List

Calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

New Posts

カジュアルな横断幕作り

時間をかけずに作る方法 「明日野球観に行くから、今すぐにでも横断幕を作りたい」と思っている方はいませんか?…

View

効果的な使い方を考える

使う場所に合わせて選択 横断幕の素材は用途や予算によって選ぶのが一般的です。ちなみに持ち運びしやすく軽くて…

View

世界に一つの横断幕

オーダーメイドがオススメ どのスポーツにおいても小学校から大学までそれぞれのチームにはチームカラーがありま…

View

お手軽なファンアピール手段

具体的な活用方法 スポーツの応援やイベントの告知などで横断幕を活用する事が多いですが、実際にどのようなメリ…

View