ワッペン製作のフェルト生地について

ワッペンは昔からファッションの一部として多く利用されており、今でも様々な形で活躍しているファッションアイテムの1つです。ワッペンには様々な素材があるため、素材毎に多くの特徴があります。ワッペン製作の際の生地の種類とひてフェルトがあります。フェルト自体は手芸によく使われる素材ですが、ワッペンでもよく利用される生地の1つです。特徴としては起毛タイプの生地なので、手触りはとても柔らかく優しいのが特徴です。また色も暖色や寒色でも柔らかい色合いのため、仕上がりにとても温かみがあります。生地の特徴から可愛らしいロゴや文字などに使うのがおすすめです。小さなお子さんなどの通学用鞄やジャケットなどのワンポイントとして使用するワッペンなどに良いです。ただし生地が起毛素材ということで、埃が付きやすく洗濯を重ねることで表面がけば立った状態になることもあります。

ワッペン製作に使用するエンブクロス生地について

ワッペンは洋服だけでなく鞄やジャンパーにジャケットなど、様々な場所のワンポイントとして使われており人気のあるファッションアイテムといえます。そのワッペンですが、1つ1つに個性あるデザインがありまた使われる生地によっても見た目や質感などが大きく違いが出てきます。ワッペン製作の際に使われる生地の種類として、エンブクロス生地があります。見た目は刺繍をしているような生地のようにみえ、生地上に光沢があるためとても上品な生地です。高級感も感じさせられる生地のため、様々なデザインとの相性がよいです。イラストやロゴに文字などでにも、綺麗に組み合わさる事ができます。まだ色自体に強みがあるためワッペンとしてはとても目立つ色合いになります。ただし洗濯などの負担には弱く、何度も洗濯してしまうとほつれてしまう可能性があります。その為、あまり洗濯頻度が多いものにつけるワッペンには使用は控えるのが望ましいです。

ワッペン製作で使用するラメ入り生地について

ワッペンには使用する場所によって、生地の素材などを使い分けるのが必要になります。子供などが使う通学用鞄や手提げなどに使用するワッペン製作であれば、生地自体に温かみのあるフェルト素材がおススメです。どんなワッペンのデザインにも相性が良いのはテトロン生地やエンブクロス生地などがあります。ワッペン自体をつける部分が暗い場所や、ワッペン事態を目立たせたいといった場合に向いている生地として、ラメ入り生地があります。生地自体がラメが付いているため、飾りなどの装飾がなくても遠い場所からもキラキラしてとても目立ちます。ラメの種類は金色と銀色があるため、つける場所のデザイン性に合わせたら目を選ぶのが良いです。とてもゴージャスなワッペンにすることができます。ただしラメ自体は生地についていますが、洗濯などで取れやすく他の洗濯物にもうつってしまう可能性があるので注意すると良いです。

横浜ららぽーと正面入り口よりすぐ近くです! 大量仕入れで他社に負けない安価を実現してます。 イベント用のはっぴからお祭り用のはっぴまで 種類豊富にございます。 1枚の既製品販売から大量生産のフルオーダーまで幅広くご対応可能です。フルオーダーは綿で製作が可能です。 はっぴに簡単なプリント入れから生地から染めるフルオーダーまでさまざま加工方法でオリジナルはっぴ製作をしています。 ワッペン製作のことならカメオカに