スポーツシーンで大活躍

スポーツで使う横断幕

街なかで時々見かけるスポーツの横断幕は、業者に発注することでオリジナルのものが完成します。いまはインターネットから注文ができて便利になっていますが、どんな利用のシーンがあるのかをまとめてみました。たとえば学校では、スポーツの県大会優勝や、全国大会出場を記念し、宣伝をする横断幕です。野球部やサッカー部など部活動の活躍は学校全体の栄誉であるので、それは広く知らしめる効果は抜群です。
頭文字に赤色で「祝」が入っていると、なにを示しているのかは認識がしやすくなります。単純にスポーツや趣味など、団体の宣伝効果を狙ったものがあります。それはフェンスや壁に取り付けておくだけで周知されるし、記念撮影の時にみんなで掲げることで、記念となります。獅子奮迅など四字熟語、燃えろ、闘魂、頑張れなど、チームに対する応援メッセージが入っているのもよく見かけます。
いずれもチーム名や部活名を加えたり、学校名や後援会の名が入っていることもありますが、名前を入れてどんなチームが活躍したか、どこの後援かを分かりやすく示すことが可能になります。Jリーグやプロ野球など、プロスポーツでは選手個人の名を入れて、応援していることをアピールすることもよく見かけます。スポーツはまさに横断幕がよくにあう分野であり、気持ちを人と伝え合うことには向いているアイテムです。

チームの結束力を高める効果

祝うべき出来事が起きた時、または宣伝や応援の時には何らかのツールを使うべきですが、横断幕のいくつもの利点は点確かに感じられます。費用の面からいえば、看板に比べて制作費が安くなることは魅力です。横断幕の製作では、2メートルを超えるサイズでフルカラーでも、1万円を切る料金から制作できるのが相場です。従って個人で応援用の作っても、負担が少ないのは利点です。
布製というのはご存知かと思いますが、ターポリン製であれば雨に濡れても強いことは、雨天時に外に取り付けたままでも大丈夫なことを意味します。布だから軽いので設置がしやすく、撤去もすぐできます。ただ強風に煽られると危険なことは、抑えておきたいところです。横断幕は大きな文字だから、人に情報を伝えることが出来る最適な道具です。大会出場や優勝などの目出度い情報、個人に対する応援メッセージ、何月何日に開催する予定など、何にでも使うことができます。
横断幕に自分たちのチームの名を入れたら、存在をアピールできます。これによってチームの宣伝ができて、相手にも周知されそこから新たな人間関係にも結びつきます。オリジナルデザインで完成させることができるので、デザインをみんなで考えたり、優秀な個人のデザインを採用したりといった作り方ができます。横断幕にはこんな利点があって、あらゆる業界で幅広く使われているのです。

サイトにて制作の流れをご案内しておりますのでご覧ください。 5周年を迎えサイト開設年度と比較してご注文件数は10倍以上に!たくさんのご愛顧感謝申し上げます。 会員様にはお得なクーポンがついたお知らせメールも配信中!更にお安くご利用ください! 10mx20mまで作れる大型幕から手持ちの横断幕まで対応可能でその価格に驚かれています! オーダーメイドでデザイン作成にもご対応! 横断幕やのぼりのことならマクマクにお任せください!

Post List

Calendar

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

New Posts

カジュアルな横断幕作り

時間をかけずに作る方法 「明日野球観に行くから、今すぐにでも横断幕を作りたい」と思っている方はいませんか?…

View

効果的な使い方を考える

使う場所に合わせて選択 横断幕の素材は用途や予算によって選ぶのが一般的です。ちなみに持ち運びしやすく軽くて…

View

世界に一つの横断幕

オーダーメイドがオススメ どのスポーツにおいても小学校から大学までそれぞれのチームにはチームカラーがありま…

View

お手軽なファンアピール手段

具体的な活用方法 スポーツの応援やイベントの告知などで横断幕を活用する事が多いですが、実際にどのようなメリ…

View